高伝館とは

画家 「針すなお」 が創設した合気道の道場です

合気道の稽古の中に、館主「針すなお」が創始した体の杖(TAI NO JO)を取り入れます

館主「針すなお」のプロフィール
            合気道七段師範、 「体の杖(TAI NO JO)」創始

1933年  佐賀市出身

1952年  漫画家を志して上京 現在、新聞・雑誌・TVに似顔絵まんがを寄稿中です
       朝日新聞の朝刊三面に社会批評のまんがを描いています
       今の世相を一枚の画で風刺した新聞まんがをご覧になったのでは?          
       TOPページにある「勝ち烏」のイラストは高伝館のシンボルマークです

1957年  合気会本部道場入門
       合気道開祖・故 植芝盛平氏、二代目道主・故 植芝吉祥丸氏等
       に師事

1990年  高伝館(佐賀市)本部道場を創設 新武道「体の杖(TAI NO JOU)」を創始
       合気道の稽古の中に 「体の杖」を取り入れます
館主「針すなお」の似顔絵と稽古風景
現在は「佐賀本部道場」のほか、「福岡道場」 「花小金井道場(東京)」 他二道場があり、多数の会員が稽古に励んでいます    
TOPページに戻る